日韓カップルの婚姻届けの出し方

僕自身が日韓カップルで恋愛後国際結婚に発展したケースですけど、
知人が婚姻届けの出し方や必要な書類などについて質問されてたので、
記憶をさかのぼりながら書いてみることにしました。

まず、韓国で婚姻届けを出した場合とそうじゃない場合で段取りが違うみたいで、ここでは韓国で婚姻届けを出してない場合について書きます。
ちなみに、まだどちらの国でも婚姻届けを出してない場合は、先に日本でやることをおすすめします。詐欺結婚を防止するために未婚ということを証明してくれる書類が必要になりますけど、日本での未婚証明書の発行が韓国より難しいみたいです。

ネットで調べると必要な書類が出てきます。

画像1

日本:区役所で提出する書類

<共同で用意する書類>
・婚姻届け
日本で住んでいるところから近い区役所でもらうこともできますし、ネットからダウンロードすることもできます。
証人が二人必要になります。日本に住所地がない方じゃなくてもいいですけど、追加書類が必要になってしまうので、できれば日本人の方(ご両親とか)が無難かと思います。

<韓国人が用意する書類>
・基本証明書原本、家族関係証明書原本、婚姻関係証明書原本
一般と詳細がありますが、どちらでも大丈夫です。韓国の区役所、もしくは、日本にある韓国領事館で発行してもらいましょう。
前は区役所によって違いましたけど、今はミンウォン24(민원24)での発行物だとハンコが押されてないことが理由でダメらしいです。(※2020年1月確認)
婚姻関係証明書は未婚であることを証明するための書類になります。

・基本証明書日本語訳、家族関係証明書日本語訳、婚姻関係証明書日本語訳
自分で訳しても大丈夫です。訳した本人の名前と住所を記入してください。

・国籍証明書原本
パスポートか在留カードを持っていけば大丈夫です。

・ハンコ
サインもいいらいいですけど、ハンコの方が確実だと思います。もし、サインにする場合はパスポート上でのサインと同じサインをする必要があります。

<日本人が用意する書類>
・身分証明書原本

・戸籍謄本原本
日本人配偶者が登録されているところで婚姻届けを出すのであれば必要ありません。違い場所だと近い区役所から発行してもらいます。最近はマイナンバーカードを使ってコンビニでの出力も可能です。

・ハンコ
日本人はサインでの対応はしてくれないので、必ずハンコを用意する必要があります。

全部用意できましたら区役所に行って提出!
提出後、「受理証明書」を必ずもらいましょう。
戸籍謄本にアップされるのに何日かかかることもあります。

ちなみに、日本人が外国人と結婚した場合、苗字は変わりません。外国人の苗字に変えたい方は別で申し込まないといけないようで、婚姻届けを出してから6ヶ月以内に「氏の変更届」を提出すれば変えてくれるみたいです。6ヶ月が過ぎた後だと家庭裁判所の許可が必要になるらしいです。

韓国:区役所で提出する書類

日本での処理が全て終わりましたら、後は韓国での婚姻届け提出になります。日本で婚姻届けを出した3か月以内に韓国側に届けを出さないと罰金を払うことになるらしいので注意です。

必要になる書類はほぼ同じです。

<共同で用意する書類>
・婚姻届け
韓国でも証人が必要になります。

<韓国人が用意する書類>
・身分証明書

・家族関係証明書原本
日本で婚姻届けを出す時、2部発行しておけば便利です。

・受理証明書原本
日本で婚姻届けを出した後にもらったあの受理証明書です。

・受理証明書原本韓国語訳

・ハンコ

<日本人が用意する書類>
・パスポート原本
区役所によるらしいですけど、原本を要求する場合が多いとのことで、僕は原本を持っていきました。不安でしたら、事前に担当提出しようとしている区役所に連絡をし、コピーでも大丈夫かと確認した方がいいと思います。

・戸籍謄本
日本で用意していきましょう。これも日本で婚姻届けを出すさいに2部発行しておけば便利です。

・ハンコ
日本人配偶者のハンコも必要になります。

全部用意ができましたら、韓国にある区役所、もしくは、日本にある韓国大使館に提出することで処理できます。

これで全ての段取りが終わりました。

ご結婚おめでとうございます!!
결혼 축하드립니다!!

タイトルとURLをコピーしました