韓国語単語を飛躍的に増やせる方法

韓国語を勉強しているみなさん。
うちの奥さんにしか教えてないとっておきの勉強法がありますが、
特別に教えちゃいます!
どこの教科書でも学校からでもこういった教えた方をしてるところはないですが、その理由は多分このやり方は漢字文化圏の人にしか通用しないからだと思います。

僕自身、10年前に日本語学校に通いながら日本語の勉強をしている時、気づいた方法で、これを知ってからは特別にそれぞれの単語を覚えようとせず、自然に増やせていけた気がします。
その方法は、タイトルの画像をみて気づいてる方もいると思いますが、漢字の読み方を韓国語にして覚えるってことです!

漢字の読み方を韓国語で覚える

ハングルって発音を表記する文字になっていて、
元の意味は漢字から持ってきているわけです。
なので、言ってみれば、日本だと漢字で書くような文字をひらがなだけで書いているみたいなものなんです。

ピンとこない方もいるかと思いますので、補足すると、
韓国語って日本語と発音が似た単語がいっぱいあると思いませんでした?
周りに韓国語が話せる友達がいたら最初にそういった話があったと思います。
例えば、
カバン → 가방(カバン)
洗濯機 → 세탁기(セタクキ)
微妙な三角関係 → 미묘한 삼각관계(ミミョハン サンカクカンケ)
など、
無数にあります。何故なら韓国語も日本語も漢字からの単語を使っているからです。

これが分かったところでどういうふうに使えるかというと、
韓国語は韓国語で한국어(ハン / グック / オ)と読みます。
これが分かったら韓国はハングっクと読むんだと別で覚えたりしないはずで、やり方は同じです。
国 → 국(グック)
になると分かったら、
国家は、家の発音だけ分かれば意味も読み方も分かりますよね?
家 → 가(ガ)
と読みますので、国家は국가(グックカ)とつながるわけです。
このやり方なら元々自分が知っている日本語の単語の読み方を韓国語の読み方にするだけ単語が増やせちゃうわけです。
これを気づいたおかげで、難しい単語を英単語を覚えてたように頭抱えながらひたすら暗記をすることはなくなりました。

実は韓国語にも音読みと訓読みがある

韓国語を勉強している方からするとさっきの家を가(ガ)ではなく、집(ジブ)と読んていることを気づいた方もいると思います。
実は韓国語も音読みと訓読みで分かれているんです。もちろん、韓国人はこれを文法として学んだりはしてません。自然に身についた感じかもしれません。

音読みの時が先程話したやり方が通じる部分で、訓読みが純粋な韓国語になるので、こちらは覚えないといけないです。
例えば、「美」だと아름답다(アルムダプタ)=美しいといいます。
こういった言い方は覚えるしかないです。
僕も日本語の勉強をしてた時、これだけはひたすら暗記しました。

どうでしょうか。
役に立ちそうですか?

タイトルとURLをコピーしました